東京国立博物館「博物館でお花見を」3月13日~4月8日開催  桜にちなむ名品を展示、庭園を開放してのイベントも実施

東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年3月13日(火)から4月8日(日)まで桜にちなんだ名品を展示し、さまざまなイベントも開催する春の恒例企画「博物館でお花見を」を実施いたします。

展示室では名品に咲く桜、自慢の庭園では約10種類の桜が花を咲かせています。トーハクだけのお花見を楽しめる企画です。

国宝 花下遊楽図屏風(部分) 狩野長信 筆 江戸時代・17世紀  本館2室(国宝室)

 

■開催概要

イベント名:「博物館でお花見を」

期間   :2018年3月13日(火)~4月8日(日)

開館時間 :9:30~17:00

※金・土曜日は21:00まで、4月1日(日)・8日(日)は18:00まで

※入館は閉館の30分前まで

休館日  :3月19日(月)

観覧料  :一般620円(520円)/大学生410円(310円)

※( )内は20名以上の団体料金

※本料金で「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展

(~3月18日(日))もご覧いただけます。

※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。

入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。

※障がい者とその介護者1名は無料。

入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した方

(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で観覧できます。

 

■本館桜めぐり

本館では、国宝「花下遊楽図屏風」など桜を描いた絵画や、桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など、桜に関連した様々な作品を展示します。該当作品のキャプションには、桜マークを付けています。

【桜スタンプラリー】

「博物館でお花見を」期間中、本館展示室の5つのポイントでスタンプを押してもらい、5つ揃ったらオリジナル缶バッジをプレゼントします。

「博物館でお花見を」期間中毎日開催

※台紙の配布・バッジ引換え場所:本館エントランス(引換えは10:00~閉館)

https://www.atpress.ne.jp/releases/149485/img_149485_13.jpg

引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/149485




詳細と続きはこちら

https://www.atpress.ne.jp/news/149485

企業名(団体名) 東京国立博物館
TEL -
本件に関するお問い合わせ先 <主催・お問合せ>
東京・春・音楽祭実行委員会
TEL: 03-5205-6497
ウェブサイト: http://www.tokyo-harusai.com/
エリアプレス編集部から

本物の桜を愛でながら、芸術の桜に酔いしれる。
なんとも贅沢なお花見です1

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




新着リリース

PAGE TOP